百人一首 六字ぎまり索引

あさぼらけあ31朝ぼらけ 有明(ありあけ)の月と 見るまでに 吉野(よしの)の里に ふれる白雪(しらゆき)
あさぼらけう64朝ぼらけ 宇治(うじ)の川霧(かわぎり) たえだえに あらは(わ)れわたる 瀬々(せぜ)の網代木(あじろぎ)
きみがためは15君がため 春の野にいでて 若菜(わかな)つむ わが衣手(ころもで)に 雪はふりつつ
きみがためを50君がため 惜(お)しからざりし いのちさへ(え) 長くもがなと 思ひ(い)けるかな
わたのはらこ76わたの原 こぎいでてみれば 久方(ひさかた)の 雲いにまがふ(う) 沖(おき)つ白波(しらなみ)
わたのはらや11わたの原 八十島(やそしま)かけて こぎいでぬと 人にはつげよ あまのつり舟(ぶね)
posted by phenom   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。