百人一首 三字ぎまり索引

あきか79秋風に たなびく雲の たえ間より もれいづ(ず)る月の 影(かげ)のさやけさ
あきの1秋の田の かりほの庵(いお)の 苫(とま)をあらみ わが衣手(ころもで)は 露(つゆ)にぬれつつ
あさぢ39浅茅生(あさじう)の 小野(おの)の篠原(しのはら) しのぶれど あまりてなどか 人の恋(こい)しき
あはぢ78淡路島(あわじしま) かよふ(う)千鳥の なく声に 幾夜(いくよ)ねざめぬ 須磨(すま)の関守(せきもり)
あはれ45あは(わ)れとも いふ(う)べき人は 思ほ(お)えで 身のいたづ(ず)らに なりぬべきかな
あふこ44あふ(う)ことの たえてしなくば なかなかに 人をも身をも 恨(うら)みざらまし
あまつ12天(あま)つ風 雲のかよひ(い)路(じ) 吹(ふ)きとぢ(じ)よ を(お)とめの姿 しばしとどめむ(ん)
あまの7天(あま)の原 ふりさけ見れば 春日(かすが)なる 三笠(みかさ)の山に いでし月かも
あらざ56あらざらむ(ん) この世のほかの 思ひ(い)出に いまひとたびの あふ(う)こともがな
あらし69あらし吹(ふ)く み室(むろ)の山のもみぢ(じ)ばは 竜田(たつた)の川の 錦(にしき)なりけり
ありあ30有明(ありあけ)の つれなく見えし 別れより あかつきばかり うきものはなし
ありま58ありま山 いなの笹原(ささはら) 風吹(ふ)けば いでそよ人を 忘れやはする
いまこ21今こむ(ん)と いひ(い)しばかりに 長月(ながつき)の 有明(ありあけ)の月を まちいでつるかな
いまは63いまはただ 思ひ(い)絶(た)えなむ(ん) とばかりを 人づてならで 言ふ(う)よしもがな
おほえ60大江山(おおえやま) いく野(の)の道の 遠ければ まだふみも見ず 天(あま)の橋立(はしだて)
おほけ95おほ(お)けな くうき世の民(たみ)に おほ(お)ふ(う)かな わがたつ杣(そま)に 墨染(すみぞめ)の袖(そで)
かぜそ98風そよぐ ならの小川の 夕ぐれは みそぎぞ夏の しるしなりける
かぜを48風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ くだけて物を 思ふ(う)ころかな
ながか80長からむ(ん) 心もしらず 黒髪(くろかみ)の みだれてけさは ものをこそ思へ(え)
ながら84ながらへ(え)ば またこのごろや しのばれむ(ん)憂(う)しと見し世(よ)ぞ 今は恋(こい)しき
なげき53なげきつつ ひとりぬる夜の あくるまは いかに久しき ものとかはしる
なげけ86なげけとて 月やは物を 思は(わ)する かこち顔なる わが涙(なみだ)かな
なにし25名にしおは(わ)ば 逢坂山(おうさかやま)の さねかづ(ず)ら 人にしられで 来るよしもがな
はなさ96花さそふ(う) 嵐(あらし)の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり
はなの9花の色は うつりにけりな いたづ(ず)らに わが身よにふる ながめせしまに
はるす2春すぎて 夏来にけらし 白妙(しろたえ)の 衣(ころも)ほすてふ(ちょう) 天(あま)の香具山(かぐやま)
はるの67春の夜の 夢(ゆめ)ばかりなる 手枕(たまくら)に かひ(い)なくたたむ(ん) 名こそを(お)しけれ
ひとは35人はいさ 心もしらず ふるさとは 花ぞ昔(むかし)の 香(か)ににほ(お)ひ(い)ける
ひとも99人もを(お)し 人もうらめし あぢ(じ)きなく 世を思ふ(う)ゆえに 物思ふ(う)身は
みかき49みかきもり 衛士(えじ)のたく火の 夜はもえて 昼は消えつつ 物をこそ思へ(え)
みかの27みかの原 わきて流るる いづみ川 いつみきとてか 恋(こい)しかるらむ(ん)
やまが32山川(やまがわ)に 風のかけたる しがらみは ながれもあへ(え)ぬ もみぢ(じ)なりけり
やまざ28山里(やまざと)は 冬ぞさびしさ まさりける 人めも草も かれぬと思へ(え)ば
わがい8わが庵(いお)は 都のたつみ しかぞすむ 世をうぢ(じ)山と 人はいふ(う)なり
わがそ92わが袖(そで)は 潮干(しおひ)にみえぬ 沖(おき)の石の 人こそしらね かわくまもなし
わすら38忘らるる 身をば思は(わ)ず ちかひ(い)てし 人のいのちの 惜(お)しくもあるかな
わすれ54忘れじの ゆくすえまでは かたければ 今日をかぎりの いのちともがな
posted by phenom   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。