百人一首 口語訳

1秋の田の、かった稲穂(いなほ)の番をする仮小屋の、屋根をふいてある苫(とま)の目があらいので、わたしのそでは夜露にぬれてかわくひまもないことである。
2春がすぎて夏が来てしまったらしい。夏が来ると白い着物をほすという天の香具山(かぐやま)に、白い着物がほしてあることよ。
3山鳥のたれさがった尾のように長い長い夜を、ひとりさびしくねることかなあ。
4田子(たご)の浦(うら)に出てながめてみると、富士山の高い峰(みね)に白い雪がしきりにふっているよ。
5奥深い山で、ちりしいたもみじをふみわけて鳴いているしかの、その声を聞くと、秋はしみじみとわびしく感じられるなあ。
6七夕(たなばた)の夜にかささぎが羽を広げてかけわたした天の川の橋に見立てられる、宮中(きゅうちゅう)の御橋(みはし)におりている露の真っ白いのを見ると、だいぶ夜もふけてしまったのだなあ。
7大空はるか遠くをながめると、月がのぼっているが、あれは故郷(こきょう)日本の三笠(みかさ)山に出ていた月なのだろうかなあ。
8わたしのそまつな家は、しかのすむ、京都の南東の宇治(うじ)山にあって、このように、心のどかに住んでいる。それなのに世の人は、わたしが世間を住みづらく思って宇治(憂(う)し)山に入ったのだといっているそうだ。
9桜の花の色はすっかりあせてしまったことよ。長雨がふっていた間に。わたしの美しかった姿かたちもおとろえてしまった。むなしく世をすごし、もの思いにふけっていた間に。
10これがまあ、東国へ行く人も京都に帰る人も、知っている人も知らない人も、たとえここで別れてもまた会うという名の逢坂(おうさか)の関所(せきしょ)なのだなあ。
11(流罪(るざい)になったわたしは)大海原(うなばら)の島々をめざしてこぎだしていったと、京都の人に伝えておくれ。漁夫(ぎょふ)のつり舟(に乗っている人)よ。
12空の風よ、雲の中の天女の通う道をふきとざしておくれ。この美しい天女のような舞姫(まいひめ)の姿を、もうしばらくとどめてながめていたいから。
13筑波(つくば)山の峰(みね)から流れ落ちる男女(みなの)川が、わずかな水がつもって深いふちとなっていくように、わたしの恋も、ひそやかな思いであったものがつもりつもって、このように深い思いになってしまったよ。
14陸奥(むつ)の国のしのぶもじずりの乱れもようのように、いったいだれのせいでわたしの心は乱れはじめてしまったのだろうか。それはわたしのせいではない。みんなあなたのせいなのだよ。
15あなたにあげるために、春の野に出て若葉をつむわたしのそでに、しきりに雪がふりかかってくる。
16ここでお別れして因幡(いなば)の国に行くが、あの因幡の山の峰に生えている松の名のように、あなたがわたしを待っていると聞いたなら、すぐに帰ってこよう。
17神代(かみよ)にだって聞いたことがない。竜田(たつた)川の水を真っ赤にくくり染めにするなんて。川一面にもみじが流れているようすは、まったくすばらしい。
18住(すみ)の江の岸に波のよる、その「よる」ということばではないが、夜の夢の中で恋人のもとに通う道でさえ、わたしはどうして人目をはばかるように行くのだろう。
19難波潟(なにわがた)にはえているあしの節の間くらいの短い間でさえも、会うことなしにこの世をすごせとおっしゃるの。
20つらい思いに苦しんでいるいまは、あの難波(なにわ)にある、舟の水路を示すみおつくしということばのように、この身をつくしはててもお会いしようと思う。
21すぐ来るとあなたが言ったばかりに、それを信じて九月の長い夜を待つうちに、とうとう待ちもしない有り明けの月が出てしまった。
22ふくとすぐに秋の草木(くさき)がしおれるので、なるほどそれで山風をあらし(荒らし)というのだろう。
23月を見ると、ただもうもの悲しくてならない。秋はわたし一人の所にきたわけではないのだが。
24今度の旅はあわただしく、幣(ぬさ)をささげることもできない。せめて、錦(にしき)のように美しいこの手向山(てむけやま)のもみじを、幣のかわりに神のみ心のままにお受けください。
25逢坂(おうさか)山が「あう」という名を負っているなら、「さ寝(ね)」ということばにも通じるそのさねかずらをそっとたぐるように、他人に知られないであなたがうまく来る方法があればいいなあ。
26小倉(おぐら)山の峰(みね)の美しいもみじ葉よ、おまえにもし心があるなら、もういちどここに天皇がいらっしゃるまで、散らないで待っていてほしい。
27みかの原をわきいでて流れるいづみ川の名のように、あの人をいつ見たというので、こんなに恋しいのだろうか。
28山里は、冬にひとしおさびしく感じられることだ。人の訪れもたえ、草もかれてしまうと思うと。
29あて推量(すいりょう)で折りとるなら折ろうか。初霜がおりたために、霜が菊かわかりにくくなってしまったこの白菊の花を。
30夜明けの月がそっけなく見えるように、あなたとの冷たく思えた別れのとき以来、夜明けほどつらくいやなものはない。
31夜がほのぼのと明けるころ、有り明け(明け方)の月の光かなと思うほど明るく、吉野の里一面にふっている白雪だなあ。
32山の中の川に風がかけた、水をせきとめるしがらみは、散りたまって流れることもできないでいるもみじだったのだなあ。
33こんなに日の光がのどかな春の日なのに、桜の花はどうしてあんなにあわただしく散るのだろうか。
34友人はみな年をとって死んでしまった。いまはだれを友としようか。あの高砂(たかさご)の老(お)い松(まつ)ぐらいか。あれはむかしからの友達じゃないんだがなあ。
35あなたのお心は、さあ、どうだか知らないが、むかしなじみのこの里の梅の花だけは、むかしとかわりなくよいかおりで美しくさいているよ。
36夏の夜は短く、まだ宵のうちと思っているうちに明けてしまったが、西の山にかくれるひまもない月は、いったい雲のどの辺に宿っているのかなあ。
37草の葉についた白露に風がしきりにふく秋の野は、糸でつらぬきとおしてない玉が散りこぼれているように見えるよ。
38あなたにわすれられるわが身のことは、なんとも思わない。けれどもわたしを忘れないと神にちかったあなたの命が、神罰(しんばつ)でちぢむのではないかと心配だ。
39ちがやの生えている小野の篠原のしのということばのように、しのんでもしのびきれないほど、どうしてこんなにあなたが恋しいのだろうか。
40じっとこらえていたけれど、とうとう顔色にあらわれてしまったなあ、わたしの恋(こい)は。何をもの思いしているのかと人がたずねるほどに。
41恋(こい)をしているというわたしのうわさは、早くもたってしまったなあ。人に知れぬようにと、ひそかに思いをよせたのに。
42約束(やくそく)したのだったね、おたがいに涙(なみだ)にぬれるそでをしぼりながら。末の松山を決して波がこえることがないように、二人の愛はかわらないのだと。
43会ってちぎりを結んだのちの、はげしく苦しい恋心(こいごころ)にくらべれば、その前は、もの思いをしなかったも同然だなあ。
44お会いすることがまったくないのなら、かえって、あなたのこともわたし自身をもうらむことがないだろうに。なまじお会いするために、恋(こい)のつらさがうらめしく思われることだ。
45わたしが死んでも、気のどくだといってくれそうな人がいるとはとても思えないから、恋人(こいびと)にすてられたわたしは、このままむなしく死んでしまうことだろうなあ。
46由良(ゆら)の瀬戸(せと)をこぎわたる船頭が、かじをなくして行方(ゆくえ)も知れずただようように、この先どうなるかわからぬわたしの恋の道だなあ。
47雑草(ざっそう)のむぐらが生い茂っているさびしいわたしの住まいに、おとずれる人は見えないが、秋だけはやってきたよ。
48風がはげしいので、岩に打ち寄せる波が独りくだけて散るように、あの人は冷たくて、わたし独りだけが思いなやんで心をくだくこのごろだなあ。
49宮中(きゅうちゅう)の門を守る衛士(えじ)のたく火が、夜はもえて昼は消えているように、わたしの恋の炎(ほのお)も、夜になるともえあがり、昼は身も消えいらんばかりに思い悩んでいる。
50あなたに会うためにはおしくなかった命でさえも、あなたに会うことができたいまは、長くあってほしいと思うようになったよ。
51わたしの恋心(こいごころ)はこのようだということはできないのだから、あの伊吹(いぶき)山のさしもぐさのようにもえる思いを、あなたはご存じないだろうなあ。
52夜が明けて別れても、日がくれればまた会えるとはわかっているものの、やはりうらめしい夜明けだなあ。
53あなたのおいでがなく、悲しんでため息をつきながら、独りで寝る夜の明けるまでの間は、どんなに長いものか、あなたはご存じないであろう。
54忘れないよ、というあなたのお心も、遠い将来までかわらないことはむずかしいので、幸せな今日を限りに死んでしまいたい。
55この大覚寺(だいかくじ)の滝の音は、たえてから長い年月がたったが、その名声だけは世に流れ伝わって、いまなおよく知られているなあ。
56(わたしは)まもなく死ぬだろうが、死後のあの世の思い出に、もういちどぜひあなたにお会いしたいものだ。
57めぐりあって、見たのは月かどうかもはっきりしないうちに、雲にかくれてしまった夜中の月のように、やっとお会いしたのに、あなたはあっというまに帰ってしまわれた。ゆっくりお話したいと思っていたのに。
58有馬山(ありまやま)のそばの猪名(いな)の笹原に風がふくと、そよと音を立てる。そうよ、わたしはどうしてあなたのことを忘れられようか。
59あなたが来ないと知っていたら、ためらわずにねてしまったであろうに、とうとう夜がふけて、西の山にかたむくまでの月を見てしまったことだわ。
60大江山(おおえやま)をこえ、生野を行く道がないので、その先にある天の橋立の地はまだふみ(踏み)もしないし、母からのふみ(文)も見ていない。
61むかし奈良の都でさいていた八重桜(やえざくら)が、今日は九重(ここのえ)の宮中で美しくさいていることだわ。
62夜の明けないうちに、にわとりの鳴きまねをしてだまして関所の門を開こうとしても(中国の故事(こじ)にあった函谷館(かんこくかん)なら開きもしようが)、わたしの逢坂の関(お会いするための門)は決して開かないことよ。
63いまはただ、あなたへの思いをたってしまおうと、それだけを人づてでなく、じかにあなたにお話する方法があったらいいのだがなあ。
64夜がほのぼのと明けるころ、宇治川の川霧がとぎれとぎれに晴れていく、それにつれて見えてくる、あの瀬この瀬の魚とり用のくいのおもしろさよ。
65人のつれなさをうらみ悲しむ涙(なみだ)にぬれて、くちてしまうそでさえあるのに、そのうえ、恋の浮(う)き名(な)でくちはてるかもしれないわたしの名がおしいことよ。
66わたしがおまえをなつかしむと同じように、おまえもわたしをなつかしく思っておくれ、山桜よ。こんな山の奥(おく)では、花よりほかに知っている人もいないわたしなのだから。
67春の夜の夢ほどのわずかな間、腕(うで)まくらをさせてもらったくらいで、つまらない恋(こい)のうわさがたってしまっては、ほんとうに残念だ。
68心ならずもこのいやな世の中に生きながらえていたならば、そのときはきっと恋しく思い出されるにちがいない、この夜ふけの月の美しさよ。
69強い風がふきちらす、三室(みむろ)の山のもみじの葉は、竜田川に流れて、錦(にしき)のように美しいなあ。
70あまりさびしいので、我が家を出て辺りをながめてみると、どこも同じようにさびしい秋の夕ぐれだなあ。
71夕方になると、門前の田の稲(いね)の葉ずれの音をさせて、このあしぶきの仮屋に秋風がふいてくる。
72うわさに名高い高師の浜の、風もないのに立つ波のような、あなたの浮気(うわき)なことばなど気にかけはしない。思いをかければ、波がかかってぬれるように、涙(なみだ)でそでがぬれるような結果になるから。
73遠くの高い山の桜が美しくさいた。人里近い低い山のかすみは、花が見えなくなるので、どうかたたないでほしい。
74つれない人の心がどうかわたしになびくようにと、初瀬観音においのりはしたが、初瀬の山おろしの風よ、おまえのようにつれなさがはげしくなれとはいのらなかったのになあ。
75(わたしの子の光覚(こうかく)のことで)お約束してくださった、さしもぐさの歌の中の「頼みにしなさい」というめぐみの露のようなおことばを、命のようにたいせつにしてきたが、今年もお約束(維摩会(ゆいまえ)の講師(こうし)に選ばれること)がはたされぬままに、秋もむなしくすぎていくようだ。
76大海に舟をこぎだしてながめると、雲と見まちがえるばかりの沖の白波だなあ。
77川の瀬の流れが速いので、岩にせきとめられた急流が二方に分かれても、また先で一つに合わさるように、いま二人が別れても、きっと将来いっしょになろうと思う。
78淡路島(あわじしま)へ飛びかよう千鳥のさびしげな鳴き声のために、いく夜目をさましたであろうか、この須磨(すま)の関守(せきもり)は。
79秋風にふかれてたなびく雲の切れ間から、もれさしてくる月の光は、とてもすみきって明るいことだ。
80末長くかわらないあなたのお心をも知らずにお別れした今朝は、ねみだれているこの黒髪のように、心がみだれて思いなやむのである。
81ほととぎすが鳴いた方をながめると、その姿は見えず、ただ明け方の月が残っているだけだ。
82つれない人をひどく思いなげいて悲しんでいても、よく死にもせず命はあるものなのに、つらさにたえられないのは、流れ落ちる涙なのだなあ。
83つらくいやなこの世の中からのがれる道はないのだなあ。思いつめてはいった山の奥にも、妻をしたうしかがさびしく鳴いているよ。
84生きながらえていたならば、また、いまのころがなつかしくしのばれるのだろう。なぜなら、つらくいやだと思っていたむかしがいまでは恋しく思われるのだから。
85一晩中、つめたい恋人(こいびと)のことをあれこれ思いなやんですごすときは、なかなか夜が明けず、寝室(しんしつ)の板戸のすき間までが、明るい光を通さず、無情に思われることだなあ。
86なげけといって、月がわたしにもの思いをさせるのであろうか。いやそうではない。恋人(こいびと)のためにないているのに、いかにも月のせいにするようなわたしの涙だなあ。
87通り雨の露がまだかわかない、松・すぎ・ひのきなどの真木(まき)の葉に、しらじらと霧がたちのぼっている、さびしい秋の夕ぐれだなあ。
88難波(なにわ)の入り江のあしの刈(か)り根の一節(ひとふし)のように短い、一夜のあなたとの旅の仮寝(かりね)のせいで、みおつくしということばのように身をつくして、一生あなたを恋しつづけなければならないのだろうか。
89わたしの命よ、たえるならたえてしまっておくれ。このまま生きながらえれば、恋(こい)の思いをこらえしのぶ心が弱って、うわさがたってしまうといけないから。
90恋(こい)の血の涙(なみだ)で色がかわってしまったわたしのそでを、つれない人にお見せしたいものだ。あの雄島(おじま)の漁夫のそでさえも、ひどくぬれても色はかわらないのに。
91こおろぎが悲しそうに鳴いている、この霜のおりた夜の寒々としたむしろの上に、着物の片側を下にしいて、独りさびしくねるのかなあ。
92わたしのそでは、引き潮(しお)のときにも見えることのない沖の石にかわくときもないように、あなたは知らないだろうが、悲しみの涙でかわくひまもないことであるよ。
93この世の中は、いつまでもかわらないでほしい。いま、このなぎさをこいでいく漁夫の小舟にかけて、陸から引いていく綱のなんとおもしろいことよ。
94吉野山からふきおろす秋風に夜はふけて、古い都のあった吉野の里はひとしお寒くなり、衣をうつきぬたの音が寒々と聞こえてくる。
95身のほどしらずのことであるが、わたしはこの世の民におおいかけるのである。この比叡山(ひえいざん)に住み始めてから、黒染の衣でもって(「黒染の衣でおおう」とは、人民の加護(かご)を仏にいのること)。
96花をさそい散らすあらしのふく庭に、花が雪のように、ふりゆくのではなくて、年が古(ふ)りゆく(年をとる)のは、わが身であったなあ。
97いくら待っても来ないあなたを待つわたしは、あの松帆(まつほ)の浦の夕なぎのころ、塩をとるために焼く海草のように、身もこがれる思いでいることだ。
98風がならの葉をそよがせる、ならの小川の夕暮れは、秋のような感じだが、この川で身を清めるみそぎの行事をしているのだけが、夏のしるしだなあ。
99世の中をつまらなく思うゆえに、あれこれ思いなやむわたしは、人をいとおしくも思い、またうらめしくも思うのである。
100宮中のあれた古い軒(のき)ばに生えているしのぶぐさを見るにつけても、いくらしのんでもしのびきれないほどなつかしいのは、むかしのよい時代だなあ。
posted by phenom